about・ぶんの前身ブログです。こちらが本店、あちらが支店のつもりです。(笑)


by bp2004

3 180度違う感覚

大分昔にある本を読んだ。元アナウンサーで今、国会議員をしている女性(いつもながら、名前は失念)で、確かカイロ大学だったか、イスラム圏の国の大学に留学した人が、その留学体験を書いていた。とても、興味深い本だった。

イスラム教というと、何となくコワイようなイメージだったけど、その大らかさ、愛情深さに驚いた。最近はもっぱらテロで名を売ってしまっているけど、敬虔なイスラム教徒の人達が、自分達の宗教とテロは無縁のものだ。イスラム教は愛の宗教だというのも分かる気がする。

そのイメージだけが強く、細かい事は、当然のように忘れてしまったけど、一つだけ強烈に印象に残っていることがある。日本人の感じ方と180度違うけど、むしろ、イスラムの人の感覚の方が正しいのではと思ったので、、。

イスラム教では困った人を助けるという思想はとても強い。普段でもそうだけど、その宗教のお祭りの時は特にそうなる。それで、与えられる立場にある人は家を解放して、そういう人達を迎える。見ず知らずのそういう人達を迎えて、温かく歓待する。そういう習慣があるのだそうだ。

ここで助けられ、下へもおかぬ歓待を受けて、さて、その家から帰ろうという時、日本だったらどうだろう?助けられた人は感謝感激、地面にひれ伏さんばかりにお礼を言うのではないだろうか。涙をこぼしてお礼をいう人もあって不思議でない。助けた人は、鷹揚に、温かく、気にしないで、またいつでも、みたいな事を言うのではないだろうか。

これがイスラム教の考え方では全く逆になる。助けられた人は、お礼も言わずに堂々と、帰るのだという。お礼を言うのは助けた方の人で、よく来てくれた。お役に立てて嬉しい。本当に有難うと、言葉を尽くしてお礼を言うのだという。

何故そうなるか?
それは助けた人は、それによって功徳を積めるからであり、助けた人の方が幸せだからである。助けられた人は、助ける人に助けさせて上げたから、お礼を言われて当然なのだという。

読んだ途端はものすごく驚いたけど、考えてみると、こちらの方が正しい気がする。受けるより与える方が幸せである。与えさせてもらったという謙虚な気持ちは正しいのではないか。

日本的発想だと、助けるのは、してやったという奢りにつながる。見返りを期待したりする。あそこまでしてやったのに、恩知らず云々。助けられた方は引け目を持ったりする。でも、そもそも、与える立場の方が恵まれている。与えさせてもらったという考え方というのは、謙虚で良いなと思う。

人に甘えられない人というのが居る。甘えてばかりいる人より、そういう方が好ましい。自立しているという点でも好ましい。それは確かにそうだけど、程度問題じゃないかなと思う時もある。もっと素直に甘えても良いのじゃないかと思う時がある。本人もそう分かっているのだけど、甘えられない。

でも、少し考え方を変えても良いのじゃないかな。甘えてばかり、相手におんぶにだっこじゃ、それこそ相手も迷惑かもしれないけど、ぎりぎりの所に来たら、ちょっとは甘えても良いのじゃないかな?信頼出来る人になら、少しは甘えても良いのじゃないのかな?

人に甘えてもらうのってそんなに悪い気分じゃない。人に優しくしてあげるのって良い気分だ。甘えるという事はある意味では、そういう良い気分に相手をしてあげるという事でもある。絶対に人に甘えられないという人は、ある意味では、絶対に人をそういう良い気分にさせたくない人なのかな?甘える程、相手を信じられない人なのかな?とふと思ってしまうことがある。

イスラム教の教えのこの部分は、そういう発想もあると、もっと日本に伝えたいなと思う点だ。助けさせてあげること、甘えてあげることによって、与えているものもあると思う。そう意固地になることもないのではないかなと思う。もっとお互いに大らかでもよいのではないだろうか。与える立場というのは、与えさせてもらっている立場。その通りなんじゃないのかな?
[PR]
# by bp2004 | 2005-05-23 23:32 | 暇の果実
日経(3ー27)の切り抜き記事からご紹介。副題は「50代、パーティの社交術」というものです。

50代、人見知り、初めて会った人と何を話していいか分からない。パーティは英語はもちろん、日本のも苦手で嫌い。そういうのは、私以外はごく少数?と思って、載せずにいましたが、意外と50代とも限らないようだし、そう少数派でもないようなので、載せる事にしました。( )内は私の独白です。とりあえずはあっこさんにTB。

まずパーティに出た時の心構え。

うつむいて食事をするだけでは、だれも話しかけて来ない。しっかり顔を上げて周囲の人に「自分はこの会場に来て楽しいと思っている。いつでも声を掛けてください。」と表情でアピールすることが必要。(拓殖大学 長坂寿久教授)

(大体、行く時は嫌々で、そもそも楽しいなんて思っていないのに、、、む、難しいっ!大体、食べるのだけが楽しみで行っている訳だしぃ、、、(汗))

長坂教授による「話しかけられる術」

*にこにこ笑顔を絶やさないこと。本人が楽しそうにしていれば周囲も声を掛けやすい。「この人なら必ず会話に乗ってきてくれるだろう」との安心感を相手に与えるから。

(要するに相手もホントは不安一杯ってことだよね。)

*立つ位置も重要。壁から1、2メートル離れた所に立つ。左右に移動する人が多いので目と目が合ったのをきっかけに話しやすい。

(どうしても壁にへばり付いて、壁を保護色にしてしまう私、、(恥))

明治大学 斎藤孝教授

 *何といっても本人が上機嫌でいる事が会話の土台。
 上機嫌は人付き合いをする上での作法。一つの技。
 その時の気分や感情にまかせず、意識して上機嫌を演じることがパーティ会話の
 基本であり、社交のマナー。
 
(きえーっ、む、難しいっ!でも、マナーとまで言われては演じなければ、でも、演技は超苦手、、(困惑))

朝日カルチャーセンター「話しかたレッスン」講師 服部将子フリー・アナウンサー

*無難に天気の話をする場合も「自分らしさを付加することを忘れずに」
自分の体験を伝える。雪ならば、その日、あるいは以前苦労した体験とか、、。

(要するに、ちょっと広げるという事ね。これなら、出来るかも?針小棒大は得意。ちと違うか、、でも、この際、何でも動員てことで、、)

*自己紹介の時に、著名人と絡めるのも有効。

元NHKアナウンサー 青木一雄氏

*話題を探す順番   気候        き
          道楽(趣味)     ど
          ニュース       に
          旅          た
          知人(有名人も含む) ち
          家族         か
          健康         け
          仕事         し
          衣食住

この順番を覚える為には、頭をとって、「木戸にたちかけし衣食住」と覚えればよいそう。(こんな覚え方をしなければいけないって事は、それだけ皆、話題に苦労しているって事ですね。皆、思いは同じ、、。ちょっと嬉しい。)

*先ほどの明大の斎藤教授によると、名刺の裏に自分の好きなものや趣味を並べて印刷するのも話題のきっかけになって良いそうです。(名刺を持っていれば、、ね。)彼の場合は、ベルギー製チョコ、ペット犬の種類、好きな映画の題名、スポーツ名などが並んでいるそう。(結構、涙ぐましい努力!)カラオケで歌うのが好きな曲とか、好きなお酒の名前などもよいそう。

*更に、軽い相談事を持ちかけるのも良いそうです。簡単な市場調査のような。あくまでも重大事ではないものを。(それはそうっ!知らん人にいきなりヘビーな相談持ちかけられてもねぇ、、)

*自慢話だけは絶対に避けるように。とりわけ50代は自重すべしとか、、。(恥まで自慢に出来る50代は怖いものなしだワナ、、その点。)

パーティで会話を弾ませるための心得
[PR]
# by bp2004 | 2005-05-23 03:23 | 暇の果実

Quicken

家計はQuickenに入れています。もともと、入れるのが面倒で、さぼる癖はあったのですが、去年、何故かクレジットのアカウントが丸々消えて以来、ますます、やる気がなくなり、一日延ばしにする癖がひどくなりました。前は一週間に一度はやっていたのですが、最近は月に一度位か、もっとひどいかも?

やらなければ、やらなければといつも頭の片隅にはあるのですが、、。やらなければならない事から、やりたい事に逃げる悪癖も相まって、、。でも、頭の片隅でどんどん肥大化して、ついに頭を持ち上げられない位の大きさになってしまいました。

実はブログは第二期だと言っているのも、ブログばかりに逃げていないで、やらんかっ!と自分を叱咤する意味もあって、、(恥)

最後に入れたのいつかなぁ、、?でも、さすがに今日はもうやらなければ。ここの所、何だかんだで出費が続きました。もう破産しているかも?それを知るのも怖くて始められない、、。

でも、いつまでも現実から逃げていられません!今日はやります!終ったら、こちらに戻ってきます!戻れるのかなぁ、、、???破産していた場合は、その事後処理もあるし、、、。ああ、ぐだぐだ言っていないで、やらねば!!!!!!!

P.S. 卒論からブログに逃げているカンチルさん、私も実はQuicken からブログに逃げていました。今日は一緒に頑張りましょう!
[PR]
# by bp2004 | 2005-05-23 00:42 | 日々是口実

3 Moss Beach in Half Moon Bay

今日はハーフムーンベイのモスビーチまで足を延ばして来ました。天気が良くて気持ちよかったです。

そこには眺めの素晴しいレストランがありました。中を覗いただけで食べては来ていませんが、歴史のある所だそうです。そのレストランのウエブを見たら、眺めと歴史だけで充分売れるレストランなのに、そこによく出るという幽霊も売りのレストランでした。明るく売っている所がアメリカっぽいですが。
The Distillery Restaurant(Our ghost, Our patioという所をクリックして見て下さい。)

ジンジャーは帰りに寄った浜辺で、よそさまのサンドイッチを文字通り、ばくってしまいました。悪いと分かっていてやった感じです。食べてしまえば、手も足も出せまいという感じで、、。確信犯です。恥ずかしかったぁ、、、。

帰りに恐竜の写真も撮って来ました。何の関係もない所にあります。ただアメリカ人の子供が恐竜好きだというだけのことだと思います。他愛ない一日でした。それで記事も他愛なくてすみません。

写真が目玉の記事なんですが、何故だか写真のアプロードが出来ない状態です。解決したら、写真も載せます。上記のサイトでも少し写真が見られます。パティオが素敵なのです。
c0008486_6243289.jpg
c0008486_6244689.jpg
c0008486_625111.jpg
c0008486_6252465.jpg

[PR]
# by bp2004 | 2005-05-22 14:00 | アメリカの情景写真
大分前にアメリカ人の友人が送ってくれたものですが、今日まで、中を開けずに放っていました。個人的なものでないのは分かっていたので、後日ゆっくりと思っていたら、そのまま他のメールの山にうずもれてしまっていました。日本語だとそういう事はまず無いのですが、英語だとつい後回しになってしまって、、(汗)

読んでみたら、なかなか有意義な内容でした。翻訳するべきとは思うのですが、そうするとずっと先になりそうなので、原文のままで掲載させて頂きます。

日本の方は改めてアメリカって物騒と思われるかと思いますが、最近は日本もそう安全ではなくなって来ているので、ご参考になる部分もあるかもしれないという事で、あえてアメリカで生活する人の為の記事ですが、掲載します。

Abduction Precautions for Women
[PR]
# by bp2004 | 2005-05-22 02:59 | 日米雑記

第二期?

最近、ブログ生活も第二期を迎えて来たような気がする。気のせいだけかも知れないけど。何しろ、更年期は思い込みの激しい年代でもあるから。

右も左も分からないのに、いきなり飛び込んで、やりながら、色々な技術的な事を覚えて、一応、ごく初歩的なことだけは出来るようになった。

ブログの世界も一応初歩的なレベルだけだけど、分かって来た。良い事もあれば、悪い事もあると。

書きたかった事も一応一巡した気がする。勿論、書きたい病みたいなものなので、同じ事を書こうと思えば似た事はいくらでも書けるけど、あまりマンネリになってもいけないから、少し、同じような事ばかり書くのは止めようという気にもなってきた。

少しゆとりと余裕を持って、スローダウンして、じっくりやって行こうかという気分にはなってきた。実際、どこまでそうなるかは分からないけど。

そんな訳で、第二期を迎えた?変なおばさんのブログにこれからも、おつきあい頂けたら幸いです。
[PR]
# by bp2004 | 2005-05-22 00:32 | 日々是口実

丹頂鶴

昨日の夜、NHKの番組で丹頂鶴の生態みたいなのをやっていた。

丹頂鶴の頭のてっぺんの赤い所は毛の色ではなく、あれは肌がそのまま見えているんだって。あそこは禿げているんだって。

それであの赤い所は感情の起伏によって面積が広がる。鶴同士で威嚇しあっていると、それがすごく広がる。そして、鶴は首を折曲げて、その相手にその面積の広さを見せつけるらしい。どんなもんだ!って。

鶴のひと声って言うけど、鶴は結構続けて鳴く。つがいで鳴く。雄がひと声。雌がふた声のパターンで続けて鳴く。周りに、自分達の存在を誇示しているんだって。

傍に子供の鶴が二羽居た。そこは私達の場所よって、鳴いて威嚇して、その鶴達はその子供達を追い払ったら、別の2羽がゆっくりやってきて、鳴き始めた。その子供達の親だったみたい。そしたら、さっきまで鳴きまくっていたつがいが、黙って、素知らぬ顔で、ちょっと外れた所に戻って行った。その後、追い払った鶴は、勝ちどきの鳴き声をつがいでやっていた。

結構、鶴ってイヤなやつって思った。ちょっと知りたくなかった、、、。自然は生存競争の場だから仕方ないんだけどね。鶴って優雅で勝手な幻想を抱いてしまうこっちがいけないんだけどね。でも、夢を見続けていたいっていうのもあるよね。勝手な話、、、。
[PR]
# by bp2004 | 2005-05-21 00:26 | 知らなかった、、、

6 自分を責める子供達

今日、テレビで、黒柳徹子のユニセフ大使の活動の写真展をいわさきちひろ美術館で開催しているという話をしていた。彼女がちひろ美術館の館長をしていると知らなかった。

その中で、彼女がインタビューに答えて、戦場で親を失った子供達の話をしていた。どんなに健気で前向きでいじらしいか、、そういう話。その中で胸を突かれた言葉があった。親を戦争で失った子供達は、自分が言う事を聞かなかったから、自分が良い子じゃなかったから、だから親は殺されたのだと思って、自分を責めているという。

多分、自分が良い子じゃなかったから、神様がそういうばちを与えたのだという発想なのだと思う。

離婚でもよく聞く。親の離婚の原因を自分のせいだと思ってしまう子供達が無数に居る。親が関係ない事で喧嘩していても、自分が良い子じゃなくて、親を疲れさせてしまったからだと、自分を責める。不仲の原因を作ったのは自分だと責める。

親の虐待の時でもそうだ。親を疲れさせてしまったからとか、自分が悪い子で親を怒らせてしまったからだとか。だから助けに来た保護司の人の前でも、親の暴力を否定する子は珍しくない。あざだらけでも、自転車で転んだとか、ドアにぶつかったとか言って、親がやったと認めようとしない子は、珍しくない。

子供ってこんなに健気でいじらしい、切ない存在。世界の色々の所で、こうしている今も、自分を責めている子供達がたくさん居る。そう思うと、すごく切ない。子供を守るのは大人みんなの仕事だ。
[PR]
# by bp2004 | 2005-05-20 12:00 | 暇の果実