about・ぶんの前身ブログです。こちらが本店、あちらが支店のつもりです。(笑)


by bp2004

In denial

直訳すれば否定の中に居る、という事になる。具体的にはどういう事かというと、自分や自分を取り巻く現実を、直視できない状態、認めたくない、見ようとしない、目をつぶっている状態。現実から逃げている状態。

例えば、浮気ばかりする恋人を持つ女性が、彼が本当に愛しているのは私だから、彼は本当は優しい人なのだ、などと本気で思っているとする。そうすると、She is in denial.と言われる。

アルコールを手放せない状態に既になっているのに、自分はアル中じゃない、と本気で思っている男が居る。そうすると、He is in denial. という。

大事なものを失った時、自分にとって、それ程、大事なものでなかったと思い込む。それに気付いた時、I was in denial. という。

I am in denial.というのを聞いた事がない。自分がその状態に居る時は、気付かないからだろう。そこから抜け出た時、初めて、自分が現実を受け入れていなかった事、直視していなかった事に気付く。気付いて初めて言える事だから、自分で言う時は現在形ではありえないのだろう。

Maybe, I am in denial.というのは聞いた事がある。そういう時は、その状態に気付き始めている訳だから、その人が自分の足で立てる段階に、すごく近づいているのだろう。

In denialの状態に居る時、人は最も無力である。どのように辛い現実であれ、それを直視し、きちんと向き合う時にしか、人は力が与えられない。現実の過酷さを現実として、受け入れられた時しか、人は闘えない。
[PR]
by bp2004 | 2005-04-28 21:03 | こんな英語表現