about・ぶんの前身ブログです。こちらが本店、あちらが支店のつもりです。(笑)


by bp2004

リモデリング終了

何だかんだで一ヵ月位掛かった気がする。正確に数える気もしない。そんなに長い間のリモデリングってどんなに大がかりなものかと思われる事だろう。

日本だったら、多分、コーティングを乾かす時間を入れても、三日で済んだんじゃないかな?大体、頼む時も5日位と言ったんだから、、。確かに、家に来てやった日だけ合計すると5日位だったけど、、。ふぅっ、、、、

何故それが一ヵ月も掛かったかというと、一つの作業が終って、次の作業に来てくれる間が一番ひどい時は2週間も掛かった。フローリングだったので、その間、改修していない方の狭い空間に全部詰めこんで、すき間の中で暮していた。やれやれ。

家に来てやるのはたったの5日でも、やらない間のストレスも結構強く、疲れたぁ、、。

信頼出来る友人に、信頼出来る人を紹介できる人を紹介してもらい、その人が信頼できると紹介してくれた工事の人。人間は皆良い。誠実な人達。ぼる事もしない。仕上げに不満がある時は言えば、快く直してくれる。だけど、間が開く。

何なんだ、これは?と思って、アメリカ人の友人にぼやいたら、よくあることだそう。そこがリモデリングの大変な所だそう。初めの信頼出来る友人も、同じ事を言っていた。別にいいかげんという事ではなく、そうなるらしい。

うちのリモデリングなんて小規模、だから、他の大きい仕事の合間にやっていたみたい。その日、そちらの予定が早く終らないと、だからやって来ない。でも、やって来るだけ有難いと思わなければいけないみたい、、。

アメリカで何かを注文すると、平気で3週間、ひどい時は2ヵ月位掛かる。レジで並ぶと、前のお客さんと延々世間話をしていて、長蛇の列でもお構いなし。そんな事に慣れてきていた私も、リモデリングがそうだって、頼むまで知らなかったので、ひどい目にあった、、。終った時は嬉しくて握手してしまったけど。こういうのも郷に入れば、郷に従えって事なんだろうな。ま、次回は覚悟が出来たけど、、。やれやれ、、。
[PR]
by bp2004 | 2005-05-16 02:06 | 日米雑記